中学受験の塾の選び方

お子さんが中学受験をする際に気になってくるのは「どの塾に入ろうか」ということ。塾選びは合否に直結する非常に大事な選択です。
まず重要なのは費用面について。授業の形態によって料金設定は様々です。
中学受験に限りませんが一番代表的な授業形態は集団授業です。4,5人から40人超まで人数は様々ですが学校の授業と同じように講師が教壇に立って授業をするという形式です。1人の教員が多くの生徒の面倒を見るので、個々の手厚い指導は難しいですが費用は安くなります。
対照的なのは個別授業。マンツーマンから2,3人の生徒と一緒に授業をする形態です。手取り足取りの指導が望めますが費用は高くなります。お子さんの学力に合わせた塾選びが大切です。
中学受験においては塾と家の距離や、授業時間も重要なポイントとなります。小学生のお子さんにとって何駅も遠くの塾に通わせるのは心配だという声は多いです。どういう指導方針を望むかにもよりますが家に近いことに越したことはありません。
またお子さんが9時など遅い時間まで授業がある塾に耐えられるかどうかも大きなネックとなります。塾内で長時間みっちりと授業を行う所がよいか、宿題など個人の裁量にまかせて授業時間の少ない所がよいかはお子さんともよく相談して決めてください。
中学受験の塾選びは合否を大きく左右するといっても過言ではありません。
ぜひいい塾を探して、お子様の志望校合格を勝ち取りましょう!

中学受験に最適な塾とは

中学受験を成功させるためには塾選びが非常に大切になります。保護者が中学受験経験者で、かつ子供につきあって勉強を教える熱意と時間があれば、何とかなるかもしれませんが、そうでなければ中学受験を勝ち取るのはかなり難しくなります。
そこで、重要なのが子供をどこに通わせるか、ということです。
塾選びは親の責任ですから、子供の志望校にとって、子供の性格や学力を考えて、どこの塾が最適かを選ばなければなりません。そのためには個々の塾の詳細も知らなければわからないかもしれません。しかし、それは中学受験にかなりの知識がないと難しいでしょう。
そこで、お勧めしたいのは、大手の中学受験を専門に扱った塾を選ぶということです。
大手の塾であれば最新の入試情報を持ち、子供を合格に導くための指導カリキュラム、テキストなどのシステムも確立できています。それを使いこなす教師もそろっていることでしょう。また、学校とのパイプもあります。入試傾向は年々変化するものですから、小規模な塾や家庭教師ではどうしても無理が出てくるのです。あとは実績を見て、保護者が判断することが大切です。
子供の中学受験成功のための、最高の環境作りをしてあげてください。

塾の指導方針

中学受験をするお子さんをどこの塾に通わせるかを考えるにあたって、大切になってくるのは塾の指導方針です。これは、教科、教師によってもいくらかは変わってきますが、塾全体の方針としてどのように考えているかが大切です。
実際に授業風景を見学させてくれる所なら、保護者の方が直接見られるといいと思います。そこで見るべきポイントはやはり、お子さんたちにどれだけ「頭を使って考えさせる」授業になっているか、ということです。
中学受験で求められる学力は、もちろん学校によっていくらかの違いはありますが、単に知識として憶えているかどうかや基礎的な学力だけではありません。
より大切で、合否にかかわってくるのは、どれだけお子さんが自分の頭で考えることができるか、つまり発想力や洞察力、論理的思考力などです。これが中学受験で求められている力と言い切ってもいいかもしれません。
この力を養うには日ごろから物事に対して高い意識を持ち、自分で考える習慣がついていることが大切です。
そこで、日ごろの授業からお子さんたちに「頭を使って考えさせる」ことを指導方針とし、授業に取り入れている塾であれば、中学受験を乗り越えるための適した塾であると言えるのではないでしょうか。

講師陣の質

中学受験の対策をするならば塾がおすすめです。学校の授業だけでは受験レベルまで達することは出来ないからです。
受験をしなくても入れる中学校へ行くというのなら問題はないのですが、受験を必要とする中学校へ進む場合はそれなりの対策をしなければなりません。試験の問題はとても難しくその場で考えていては解答にたどり着くことは出来ないからです。
実際に中学受験の問題は初見で解けるようなものは少ないと言えます。一度でも似ている問題を見たことがあれば対処を出来る確率は高くなります。
中学受験専用の塾というものがあります。そこへ通えば試験対策はしっかりと行ってもらえます。自分で参考書を買って勉強をすることも出来ますが塾へ行った方が確実です。実際に中学受験はどれだけ対策に時間をかけたかが大切です。発想力というものはそれほど必要ないと言えます。
もちろん子ども自身が考えることは必要です。しかし限られた時間の中で点数を獲得する場合は塾のカリキュラムをこなすことが確実です。
塾に通うにはお金がかかります。しかしそれだけの効果があるといえます。中学受験はどれだけ問題を知っているかが重要なので、塾が提供をする問題を解くということが一番の近道です。

塾の合格実績

中学受験の対策では塾の合格実績が重要になります。
合格実績の高い塾は名の知れた大手の塾が多いですが、その中で成績を常に維持していくのは至難の業になります。
子どもの成績がなかなか伸びなかったり、今まで成績がよかったのに急に成績が下がってしまった場合は個別指導型の塾を利用してみるのはいかがでしょうか。
個別指導型の塾はオーダーメイドによる個別指導を行ってくれるので、子ども一人ひとりに合った中学受験の戦略を提案してくれます。
したがって志望校対策から弱点補強まできめ細かい指導を行ってくれるのでおすすめです。
勉強方法を試行錯誤したことがない小学生にとって中学受験の対策を集団講義で行うより、手取り足取り指導を行う個別指導の方がすぐに成果を出すことができます。
しかし集団によって切磋琢磨されることによって、競争心が生まれ伸びる子どももいるので子どもの性格をよく把握することが重要になります。
最もよい中学受験の対策としては、大手の集団講義の塾に通いつつ個別指導で足りない部分を補うことです。
特に共働きなどでなかなか子どもの勉強を見てあげることができない家庭にはおすすめの方法です。
費用や時間の面を考慮して、可能であればこの方法を行ってみて下さい。

授業料の相場

志望校に合格したいなら、中学受験の塾を慎重に選ぶことが大きなポイントです。まずは、中学受験の塾について詳細を調べましょう。
特に注意が必要なのは授業料です。中学受験の塾では、学年やコースによって授業料が異なるからです。
4年生以下と5年生、6年生の各学年では、学年が上がるにつれて授業料が上がります。尚、飛び級が可能な4年生は、5年生に混ざって講義を受けることができます。
さらに、マンツーマンの個別指導や少人数の集団指導など、各コースによって授業料が変わります。中学受験の塾では、きめ細やかな指導が受けられるマンツーマンのコースが高額になる傾向があります。
また、講師のレベルに応じて授業料の変動が見受けられますので注意しましょう。指導歴が長いベテランの講師は、授業料が高額になります。ベテランの講師によるマンツーマンのコースを選択すれば、さらに授業料が上がります。中学受験の塾でコースを選択する時は、授業料について考慮しながら選ぶことをおすすめします。
尚、マンツーマンの個別指導は、1時間で1万円前後が一般的です。少人数の集団指導では、6000円程度です。各コースによって授業料が変動しますので、志望校や偏差値を見比べながら選ぶことが秘訣です。

集団塾と個別指導塾の違い

中学受験対策としてお子さんを塾に通わせたいという方は多いと思いますが、個別塾にするか集団塾にするか迷うと思います。そこで各塾のメリットデメリットを比較していきたいと思います。

・個別塾のメリットデメリット
個別のメリットは何といっても個別で教えてもらえることです。分からない問題があっても、わかるまでしっかりと教えてもらえます。更に曜日や時間もある程度は指定できるという点です。
一方でデメリットは「値段」と「ライバル意識がなくなる」ということです。個別では子供の数だけ講師が必要になるため、人件費が高くなり授業料もたかくなります。そしてなによりライバル意識がなくなるということ。「あの子には絶対勝ちたい」などという気持ちがなく目標が低くなります。

・集団塾のメリットデメリット
集団のメリットは、個別とは正反対で値段が安く、ライバルができ緊張感ができることです。他にも周りの子の意見や考えが共有できます。
デメリットとしては自分のペースに合わせてくれないので、一度遅れるとどんどん遅れてしまいます。他に自分だけがわかってないと思い質問しにくい「疎外感」などがあります。

お子さんがしっかりと目標を立てられるなら個別を、値段や疎外感が気になる方は集団を選ぶといいと思います。お子さんの意見も取り入れて、しっかりと学べる塾えらび、勉強のアドバイスをして、中学受験に向け頑張ってください。

体験授業で見るべきポイント

中学受験の塾を選ぶ際には幾つかのポイントを重視する必要があります。これは塾の講師を長年経験した結果、優れた講師陣には共通点が見られる為です。
中学受験の塾選びで保護者の方にしっかりと見てもらいたいポイントとしては講師の持つ指導者としての資質が挙げられます。このポイントの判断材料となるのが講師の服装や身なりです。
特に若い講師陣の身なりは講師の質を見極める為の重要なポイントとされ、派手なアクセサリーや無精ひげ、髪型が整っていないなどの身なりに乱れがある場合はしっかりとした指導が期待できません。
優秀な塾講師の持つ共通点としては若い講師でも社会人としてのマナーが身についているというポイントがあります。身なりが整い清潔感のある服装をしている講師は年齢が若い場合でも指導スキルに優れているケースが多いのが特徴です。
そして、高校受験を控えた中学生は感受性が豊かです。この時期には中学受験に必要な学業面の能力を伸ばすことに加え、一般的な社会のマナーを学ぶ大切なタイミングでもあります。その為、保護者が指導者となる講師の質を見極めることが必要です。その為、言葉遣いの出来ている講師という点も大切です。
従って、生徒とのコミュニケーションが取れる講師が揃っている事が中学受験の塾選びでの必須条件とされます。

子どもの性格を考慮する

中学受験の塾選びはとても重要ですが、どこの塾にすれば良いか迷いますよね。
とにかく学習量が多く、偏差値にこだわった中学受験の塾や、和気あいあいとした、比較的のんびりしている所や若い講師の熱血指導が売りといった所など、様々にあります。
中学受験の塾選びは、塾の雰囲気もみて、お子さんの性格にあった所がよいでしょう。
例えば、一対一を意識した個別指導のやり方や、集団で切磋琢磨しながら友達との関係を考えて自分の学力の位置を考えていく方法などがありますが、自分のペースでこつこつと取り組みたい子、他人との比較によりよりやる気が出て頑張れる子によって指導方法を変えていく事は、お子さんの自信ややる気に繋がってくるはずです。
また、講師との相性もあるでしょう。熱意あふれる指導で授業後に質問する時間をたっぷりとり、学習面だけではなく、日ごろの生活全般においてのアドバイスをしてくれる講師の多い塾もありますし、逆に、寄り添うというよりは、授業での学習面に重点をおいている塾もあります。
どのような方法が良いかは、お子さんの個性や性格によって違います。
なにより、まずは、お子さんが楽しんで学習する事が学力向上に繋がります。自信をつける事、続ける事で自立学習習慣を身につけます。

塾のサポート体制

近年の日本の社会においては、学歴を重視する傾向が強いことは多くの方が認識されていることと思われます。かつての日本の社会は、資格の必要のない職種であれば高校を卒業後、就職をする方も多くいらっしゃいました。
しかし、今の日本の就職事情は、大学を卒業していても就職が困難な世の中になっています。そういった状況に伴い、高校を卒業したら大学へ進学するということがある意味当たり前の流れとなりつつあります。
そして、よりよい条件で就職できるようレベルの高い大学への進学を希望する方も増加しています。
高いレベルの大学に進学するためには、勉強の基礎となる中学校から積み重ねていくことが大きな力になると考えられます。そういった未来への力を身に付ける中学校への進学を希望する場合には、目的に適した中学校を受験するのが得策です。
しかし、中学受験は希望者が増えており、ハイレベルなものとなっています。受験を乗り越えるには中学受験の塾に行くことが合格への近道です。中学受験の塾は、受験に特化した専門的な講師が、熱心に的確な指導を行っています。
塾での日々の積み重ねが、大きな輝く未来への第一歩を踏み出す力となっていくと考えられます。

中学受験を成功に導く対策法

中学受験の対策に関心があるならば、徹底的に情報収集を行うことが最も大切です。その理由は、各中学校によって、試験の内容や範囲がまったく異なるからです。
必ず合格したいなら、早めに志望校を決めることが中学受験の対策として重要なポイントになります。それぞれの中学校では、オープンキャンパスを開催しています。いくつかの中学校を受験する予定があるなら、日程を把握してスケジュールを組み立てましょう。
模擬授業を行っている中学校も見受けられますので、とても参考になります。資料請求をすることも可能ですから、興味のある中学校をピックアップして申し込みましょう。
また、中学受験の対策として、慎重に塾を選択することが挙げられています。特に、志望している中学校への合格者を輩出している塾がおすすめです。効率的な中学受験の対策を行ってもらえますし、たくさんの情報を集めているからです。
さらに、子どもの個性に合わせて塾を選ぶことも大切です。人前で質問ができないタイプなら、個別指導の塾が適しています。逆に、大勢の生徒と接することによって、良い刺激を受けることができるタイプならば、集団指導の塾で実力を発揮します。
志望校に合格するために、塾の見学を積極的に行って、子どもに合う指導方法を選択しましょう。

過去問での対策法

高校受験は受験したことがあるものの、中学受験を受けたことがないという方は多いです。高校受験と中学受験の大きな違いは、学校によって出題される問題に特色があるということです。
学校が求める学生像にあわせて学校オリジナルの問題が出るため、中学受験の対策は難しいのです。
そんな中学受験の対策としては、早いうちから受験したい学校を決めておくことが大切です。その上で、過去問などを入手して勉強を進めましょう。
また、学校によって問題が違うため、集団で勉強する塾よりは、ひとりひとりに合わせて勉強を進めることができる個別指導塾が望ましいです。中学生は心や体の発達に重要な時期でもあるため、受験以外にもいろいろと経験させたいという親心もあるでしょう。なるべく無駄な時間をかけずに中学受験の対策をしたい方は、慎重に塾を選ぶようにしましょう。
また、中学受験の対策をうまく進めるためには、家庭環境が重要です。どのような場所で勉強しやすいかは子どもによって異なりますが、集中して効率よく勉強ができるように環境を整えましょう。希望の中学校に進学するためには、本人の努力はもちろんですが、家族の強力が不可欠です。
がむしゃらにいろいろと手を出すよりは、目標をしぼって効率よく勉強を進めましょう。

教材を工夫する

中学受験の対策で重要なことは「こどもをいかに勉強する気にさせるか」に尽きると思います。

特に中学受験に関しては、まだ自律的に勉強するという習慣ができていない生徒がほとんどですから、その対策として「教材を工夫する」ということが必要になってくるのです。

例えば国語の諺などは、単語カードにして覚えていく。算数については「?算」(年齢算、ニュートン算など)について、それぞれ解法の王道パターンのようなものを作り、応用問題にも対応できるようにする。理科で言えば、太陽の1日の動きについて実際に日時計を作ってみる、社会では歴史上の出来事を年表にまとめ直してみるなど。

時間とお金をかけなくても少しの工夫で教材をアレンジすることができます。中学受験というとどうしても身構えてしまいがちですが、その対策は意外と身近なことからできるのです。最終的には志望校に合格することが目的となりますが、そこまでの道程は、果てしなく遠いものになります。

そこで中学受験の対策として、こどもの集中力を絶やさない、途中で投げ出させないということが前提条件になってきます。この条件をクリアするための手段として、教材を工夫するということが必要になってくるのです。